XDU FES2021のスタッフ活動の感想

XDU FES2021のスタッフ活動の感想

 こんにちは! Takacoです。お久しぶりです。

 私は今年の年9月25日(土)にオンラインで開催された、Adobe XD ユーザーフェス2021(以下、XDUFES 2021と書きます)というイベントのスタッフをやっていたので、終了して結構経つのですが、記録の意味も込めて感想など書こうかと思います😊

 去年もXDUFES2020に一般参加として、すごく地味に参加してたんですが、今となっては「楽しかった!」というぼんやりとした記憶しかなく、、、そんな私がなぜスタッフになったのかというと、、、これはもう軽々しい気持ちでww、スタッフ募集を見かけたので「今なら時間あるし参加してみるか✨」と応募したのでした。

 えーー、本当軽々しく😌

 いざ参加してみると印刷畑な人は私だけで(当たり前)、一番最初の原稿書きは文章を書くのに集中したいから、使い慣れてるInDesignで文章作成しました。書いた文はこれ

 みんなには「流石にInDesignには対応できない!」と大笑いませました(当たり前)。

 私は告知チームに所属していたので、告知文を書いたりしていました。書くネタ探すために、いろんなチームの情報をあさーーく広く拾うような活動が中心でした。

 おかげで多くのフタッフの方と交流をもてたので、それがスタッフになって得た一番な財産かも

 XDな人たちみんな大好き❤

 そこそこいろんなSNSをやっている私なんですが、「多くの人に読んでもらいたい!」欲がほぼ0な人なので、今まで考えたことなかった、、、「多くの人に届けなければならない!」という告知というのは色々新鮮でした。

 告知を出す時間を考えたり、告知用画像かき集めたり(一時は私のディスクトップはXDU FES用の画像用フォルダがあって、すぐに反応できるように準備してました😌)、拡散をお願いしてみたり、、、個人の活動では全く気にしないことを考えたりして、面白かったです。

 開催日が近い祝日、9月23日は1日使って原稿書きをしてました。

 今回のXDU FES2021のテーマが多彩だけあって、書かなきゃいけないことの範囲が広かって、今まで全く縁のないことも書くことになって、、この辺は登壇者の皆様に助けてもらったと思ってます。本当、登壇者の皆様には感謝です🙇‍♀️

 開催当日は裏ですごーく仕事してたんですが、私XD変態な人たちが大好きなので笑、「XD challenge!は純粋に楽しみたい!!」とスタッフにお願いして、この時は一般参加のように楽しく見てました。

 セミファイナルはサイコーですよね!

 簡単でありますが、問題なさそうな部分で感想書きました。結構大変ではありますが、とっても楽しかったです。

 今年は時間的余裕がすごくあったのですが、、来年も参加したいとは思っているんですが、、今年ほどお力になれるかだいぶ心配🙃

 スタッフとして参加して一番思ったのは、XDというソフトがもつ不思議な魅力ですね。

 Adobeとは付き合い長いんですけど、こんなに、、熱狂? 愛されているソフトは初めて出会いましたし、XDの周りに集まる人は本当素敵な人が多いので、、魔法的ソフトだと思ってますXDって✨

 来年は私みたいに軽々しくスタッフになっちゃう人が増えたらいいなぁーと思いつつ、終了します。