ルネ・ラリック リミックスー時代のインスピレーションをもとめて@東京都庭園美術館

ルネ・ラリック リミックスー時代のインスピレーションをもとめて@東京都庭園美術館

2021-08-08

 かなり久しぶりですTakacoです。結構前ですが、「ルネ・ラリック リミックスー時代のインスピレーションをもとめて」に行ったので、その時の感想を書こうと思います。

 私が言ったのは2021年7月2日(既に1ヶ月以上前)でした。事前情報をあまり知らずに行ったので、行って一番びっくりしたのは、写真が撮れることです! 写真撮れるのって年に一度のアールデコ展のみだと思っていたので。。偶然ミラーレスカメラ持っていたので「やったーー!」と思って、いっぱい写真撮りました。なので写真ばかりの内容でお届けします。


 正面玄関入ってすぐにあるガラスレリーフ扉がすでにルネ・ラリックの作品。もう中に入る前から展示が始まっています! 左を見ると写真の常夜灯《二羽の孔雀》が展示されてました。
 中に入る前から作品が2点も見れることに驚きつつ、中に入りました。

ガラスレリーフ扉
常夜灯《二羽の孔雀》

 中に入るとガラスレリーフ扉のレプリカがあって、普段見ているのと違う角度で見れたので、、興味深いです!(サイズは小さかったです)

ガラスレリーフ扉のレプリカ 近くで見られました

 こんな感じの展示でした。もう美しくって美しくって

 ガラスの作品が多いので、いろんな角度で見ると楽しかったです。私は後ろから見れるものは後ろに回っても見ました。外の光が入る展示のところは、見る時間によって見え方が変わってくるんじゃないかな?(私、できればまた行きたい、、)

 今回は新館の方の展示も凝っていて、素敵でした。影も計算されてたと思いますし、スタッフの方がさりげなく見る順番をフォローしているもの良かったと思います。(逆から見たら、うける印象が違かったと思うので)


 見ていたら、、お腹が空いてしまったので、カフェでお茶しましたーー。

 国産有機栽培抹茶の低糖質ティラミスを食べましたーー。

 おいしーーい。

 お庭を見つつゆっくりしちゃいました。