北斎づくし@東京ミッドタウン・ホール

北斎づくし@東京ミッドタウン・ホール

2021-08-08

 Takacoです。最初に言いたい!! この展示は今年1の企画展で間違いない!! 本当に面白かったし、やっぱり北斎すごいですーー。

 何個か北斎メインと展示に行ったことありますが、今回が一番面白かった! 全日本人におすすめしたい。


中に入ると写真の展示室に入ります。天井以外、北斎! 北斎! だらけでびっくりです。

床も北斎です!!

 この展示室に入っただけでわくわくしちゃいました!

 この展示室には北斎漫画の本物で、全ページが展示されているという、、すごい内容の内容です。(本の全ページ展示ということは、、それだけ同じ本があるってことです)

北斎漫画はこの袋に入って売られてた
みんな大好きな「雀踊り」 
北斎は動物もうまい

 次の展示室は「冨嶽三十六景」全46点が展示されてました。ここだけは撮影禁止だったので写真はないんですが、展示されている「冨嶽三十六景」の状態の良さにびっくりしちゃいました。

 正直、「冨嶽三十六景」はいろんなところで見てますが、、こんなに状態がいいの初めて見たかも! 「冨嶽三十六景」ってこんないい紙使っていたの!! と今まで気づかなかったです。

 「冨嶽三十六景」って空摺りしてるところがあったんですね。。これも気づいていなかったです。なんか、、「冨嶽三十六景」って、思ったより贅沢な浮世絵だったんですね笑

 本当知らないことがたくさんあって、すごく面白かったです。展示空間もカッコ良くって、素敵でした。


「新編水滸画伝」など北斎が挿絵を書いた読本の展示
一番最後の展示は「富嶽百景」でした

 

 次に展示されていたのは北斎が挿絵を担当した読本。小さなサイズにすごい情報量に驚き。展示室の壁には挿絵を拡大されたものが使われてたんだけど、大きくなっても全く問題ないのが恐ろしい。元があの小さな絵だったとは思えない。。
 怖い、、北斎怖い。。

 次が最後の展示室で、人によっては「北斎の最高傑作!」とも言われている「富嶽百景」。モノクロの世界で四季の富士山を描かれた絵本です。

 ここに書かれているのは、、かっこいい構図が多くって、痺れちゃいますよねーー。特に波が鳥になるやつ(説明が下手すぎる)がカッコ良くって好きです。

 最後まで見るのに、、3時間くらいかかりました! 久しぶりにコロナのことを忘れて夢中になってみてしまいました。前からすごいとは思っていたけど、北斎って本当すごいですね(当たり前)。天才ですね、北斎。